事業内容

Business

病院・高齢者施設・福祉施設等の委託給食サービス業務

ベストフードサービス株式会社は、平成元年に病院、高齢者施設専門の委託給食サービスとして設立しました。創業以来、一貫して医療と一体となった「理想的なメディカルフードサービス」のあり方を求め、お客様のために心を込めて食事を作り続けてきました。その姿勢が評価され、既存受託先様から多数のご紹介をいただきながら関東圏内を中心に多数の営業所が稼働中です。医療のお役に立てるよう、そして患者様・入居者様に快適な食生活を過ごしていただけるよう、美味しい食事を提供していくことが私たち「ベストフードサービス」の使命と心得ています。

安心で安全な「食」を提供するための 管理システム

弊社では、安心で安全な「食」の 提供、品質の安定化、業務効率化を
目的にした独自の管理システムを確立し徹底しています。

栄養管理

ベストフードサービス株式会社は、病院・福祉施設専門の給食委託会社であります。患者さん・入所者さんの立場からフードサービスをとらえ、より質の高い医療・介護サービスへ貢献が出来るように、常に追求し続け、ご提案していきたいと考えています。 
食事は口に入ってはじめて栄養となります。料理の味はもとより、「目で見て楽しめる料理」を提供するために栄養士・調理師が一体となって「おいしかった」と言ってもらえる食事提供に取り組んでおります。

 
衛生管理

営業所に「衛生責任者」を配置。本社と連携をもち、チーフとともに営業所の衛生管理を守ります。
ベストフードサービス「衛生マニュアル」による衛生管理
〜大量調理衛生管理マニュアルに基づき自社基準を設定〜

衛生管理担当者(抜き打ち)及びサニテーション業者による衛生巡回指導・改善提案
営業所内衛生勉強会(社員・パート)月1回開催。

  
<栄養管理ソフト> 「kokuran21」

全営業所において「kokuran21」を導入。食数管理・献立管理・食材管理・帳票類 すべてを1台のパソコンで行なうことができます。

食品食材管理

食材の調達は、本社、購買担当が事前に吟味し選定した「エリア調達」を基本とし、各地区毎に指定の取引商社・業者より品質の安定している安全な食材を仕入れています。
これにより地域社会に根ざした病院•福祉施設の運営の要望にも随時対応できる体制をとっております。
各取引商社・業者と連携し、食材調達に関する動向や情報交換等を行い、産地の精査・確認、衛生検査結果についての安全確認がとれている商品のみを使用しています。
食材の納品時には、衛生マニュアルに基づき現場担当者が食材の品質・鮮度品温の管理チェックを行い食の「安全」を保っています。

 
 

人材管理

プロ意識の高い人材の確保と育成を心がけています。入社から6ヶ月間の研修期間で基礎的なカリキュラムを習得。ベストフードサービスの栄養士には、弊社の栄養士としてマスターすべき内容を3年間/23回の研修で受講します。

本社スタッフの営業所サポート体制

担当マネージャーを始め栄養士指導者や調理指導者が営業所を巡回しています。本社は営業所が円滑に運営されるようにサポートし、本社と営業所が一体となって運営する事がベストフードサービスの基本スタイルになっています。